フレンズ印西デイサービスセンター 令和3年8月

 

 熱戦が繰り広げられた東京パラリンピック2020。

 フレンズデイのご利用者様も熱心にテレビ観戦をされていたようで、日本選手のメダル獲得を大変喜んでお話しされておりました。

 フレンズデイでは、ご利用者様の機能維持を目的に、ゲーム感覚で楽しみながら体を動かせるレクリエーションを企画し、毎日実施しています。

 パラリンピックの選手に負けじと、熱戦が繰り広げられたレクリエーションの様子をご覧ください。

 得点の書いてある的(穴)をめがけて、新聞紙で作った槍をなげ、得点を競っていただきました。

 98歳になられるご利用者様も積極的にレクリエーションにご参加いただいております。力づよく腕をあげ、玉入れを楽しんでいただきました

 フレンズデイ恒例の作品作りでは、夏空の下に咲くひまわり畑をモチーフにしました。

 ひまわりの花は、お花紙をジャバラに折った後カットし、1つづつ丁寧に広げ、大きな花を表現しました。

フレンズデイサービスの昼食は毎日手作りで提供!
ご利用者様より大変ご好評をいただいております。

お米やお野菜は、地元印西の農家様から直接仕入れております。

 この日のメニューは、焼きメンチカツ、肉詰めおいなりさん、ピーマンとしいたけのあえ物などでした。

フレンズ印西デイサービスセンター 令和3年7月

 

8月2日、千葉県に再度「緊急事態宣言」が発出されてしまいました。

 フレンズデイのご利用者様はワクチン接種が進み、少し安心しているところでしたが、引き続き、外出や会食をお控えいただき、感染症の予防にご協力をお願いいたします。

 なお、デイサービスの介護職員のワクチン接種につきましては、一般の方より少し早く、8月の後半から順次、接種となる予定です。

東京オリンピック2020が開催された2021年7月。

 フレンズデイのご利用者様も、連日テレビでオリンピック観戦をされているらしく、送迎の車内では日本選手のメダル獲得を嬉しそうにお話しされていました。

 午後のレクでは簡単なゲーム(競技)を中心に行い、オリンピックに負けじと盛り上がりました。

七月恒例の七夕飾りには様々な願い事が書かれました。

 「コロナが一日も早くおさまりますように」「やせたい」「1日でも長く生きたい」「織姫に会いたい」から、恒例の「ハゼが釣りたい」まで。

皆様の願いが叶うといいですね。

 フレンズデイサービスの昼食は毎日手作りで提供!
 お米やお野菜は、地元印西の農家様から直接仕入れております。

 ご利用者様の食欲が落ちる夏場にも、いろいろな工夫をして提供しております。

 この日は七夕メニューとして、ちらしずし、夏野菜そうめん、かき揚げ天ぷらなどをお出ししました。