投稿者「friends-sugiyama」のアーカイブ

フレンズ印西デイサービスセンター 令和1年11月

フレンズデイは今秋で4周年を迎えました。
 ご利用者様、支援者様のご協力あっての運営と、あらためて感謝、御礼を申し上げます。

 フレンズデイの昼食は、毎日手作り、毎日おいしいと好評をいただいておりますが、
今月は調理レクレーションとして、昼食や、おやつ作りに取り組んでいただきました。
昼食には「海鮮お好み焼き」に挑戦していただきました。 

 調理レクは普段ご自宅で調理をする機会のないご利用者様に大変好評です。
 この日も、「お好み焼きなんて簡単よ!」と話されながら、手際よく調理されていました。
片面が焼きあがった生地を裏返す際、上手に裏返すご利用者様には、拍手が上がりました!

秋の味覚「さつま芋」
 ご支援者様からたくさんのさつま芋をいただいたので、手作りおやつレクレーションとして、「スイートポテト」に挑戦しました。
 気になる出来栄えは、一日目の見た目に少々問題がありましたが、二日目には味も見た目も整い、皆様でおいしく召し上がっていただくことが出来ました。

さつま芋をつぶす工程では、男性ご利用者様に活躍していただきました!

 恒例の作品作り。今回は、秋の夕暮れをイメージして作成しました。
もみじとトンボを沢山配置して秋らしさを演出しました。

ふれあいオレンジカフェが開催されました

令和1年11月10日(日)フレンズ印西デイサービスセンターにおきまして、船穂・牧の原地域包括支援センター主催「ふれあいオレンジカフェ」が開催されました。
 当日は認知症予防に関心のある方々をはじめ、様々な立場から多くの皆様にご参加いただきました。ボランティアの皆様もありがとうございました。
 また、牧の原消防署の消防士さん(救急救命士)より、増加する高齢者救急の現状と問題点を講義していただく場が設けられ、救急の現場からの要望などがわかりやすくお話しされました。

高齢者救急には「救急医療情報キット」の活用が重要とのお話もありました。
最後は、フレンズデイの職員と一緒に「棒体操」を行いました。