フレンズデイ通信更新しました!令和2年10月号

フレンズ印西デイサービスセンターは、感染症対策を講じながら、利用者様にひと時の楽しみを感じていただけるよう、知恵を出して運営しております。
 利用者様のご様子をまとめたデイ通信をご覧ください。

フレンズデイ通信 R2,10月号はこちらをクリック!

フレンズ印西デイサービスセンター 令和2年10月

食欲の秋となりました。
 フレンズデイの昼食は毎日手作り、毎日おいしいと好評をいただいております。
美味しい昼食をお目当てにご利用いただく方も多いのではないでしょうか。
今月は、市内農家様より落花生や栗、さつま芋をいただきました。

この日は焼うどん、厚揚げチーズ焼き、レンコンの明太焼き、一口あんまんなどでした。

芸術の秋。フレンズデイでは毎月テーマに沿った創作活動を行っております。

 今月は、紅葉の庭池で色とりどりの鯉が泳ぐ、風情のある貼り絵が出来上がりました。 色紙を貼り合わせて鱗を表現した鯉ですが、利用者様それぞれに思い入れがあるようで、「鯉はやっぱり赤だろ~」とおっしゃる方や、「一番高く売れそうな金色にするわ」と話される方もいらっしゃいました。

立派な鯉が多く、池が狭くなってしまい「鯉がかわいそう、、」という声も。

スポーツの秋。
 延期となってしまった東京オリンピックの代わりに?、簡単に参加できる競技を企画し、皆様に楽しんでいただきました。

写真は、新聞紙で作った「やり投げ」のご様子です。
 競技が進むうちに熱が入りすぎ、高く投げたやりが、天井の梁に引っかかるアクシデントもありました。

大勢で楽しく取り組むうちに、自然と体が動き、腕や足の可動域も広がるようです。